読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山波 鈴の日記

Twitterにて山波 鈴(@yamanami_suzu)という名前で140字小説を投稿しております。少し長い文章や日常のお話など、いろいろと書きたくてブログを始めました。内容は基本的にTwitterのフォロワー様向けですが、どなた様もどうぞお気軽に覗いていって下さいませ。

GW開始特別企画「死者のためのミサ」3. 聖なるかな

遅くなりました。3話です。概要、あらすじ等はお手数ですがプロローグをご覧下さい。

 

 

 

ウィルとオリヴィアがシェーンたちに会った翌日。二人はシェーンとロイの宿まできていた。本来なら、昨日あのままシェーンとロイの部屋まで行き、無事にプリンセス・トルタを回収するはずだったのだが。

「シェーン!ロイ!団長が呼んでるぞ!」
昨日のやりとりの、すぐ後のことである。合唱団の団員らしき人が、二人を呼びに戻ってきた。
「えっ、あ、私達、今予定が……ロイ、ロイだけでも行っておいで」
「シェーン、シェーンもだ。悪いが、本番についての連絡を全員に直接したいらしい」
ロイだけを押し出すシェーンに、団員はきっぱりと首を振った。シェーンは困ったように、ウィルとオリヴィアに目を向ける。
「ほら、行けよ」
意外にも、そっけなくではあったがウィルが言う。シェーンはパッと笑顔になった。
「えっと、じゃあ、大変申し訳ありません…明日の10時に、またここで!」

こうして、ウィルとオリヴィアがプリンセス・トルタに再会するのは、一日延期となった訳である。二人がホテルへと戻る中、また例の古いオルガン曲が聞こえてくる。夕方の鐘に紛れて、少し調子外れな曲ではあったが、オリヴィアはやはりどこかで聞いたことがあるような気がするのであった。まあ、それはさておき。
「ようこそ!我々のしばしの宿へ!」
中央広場でシェーンとロイに再び会い、二人が借りているウィークリーマンションまで来た。清潔感はあるがあまりにも簡素な部屋で、オリヴィアはシェーンとロイが何を重視して部屋を選んだのかわかった気がした。そして、そんな簡素な部屋には少々不釣り合いな、真っ白なウサギのぬいぐるみ。
「プリンセス・トルタ!」
オリヴィアが駆け寄ると、プリンセス・トルタもぴょんと棚から降りてオリヴィアの胸元へ飛び込んだ。オリヴィアはゆっくりと、プリンセス・トルタの毛並みを撫でる。
「良かった……ほんとにオリヴィアに会えたよ……」
プリンセス・トルタが涙声で言うと、俺は?と言いたげな顔でウィルがチラッとプリンセス・トルタを見た。口に出さないのはシャクだからだろう。実際ウィルに口に出すほどプリンセス・トルタへの執着があるとも思えない。オリヴィアは大切な親友を抱きしめながらそう考えた。
「いやー、本当に一手目で上手く行くとは思わなかったんですよ。会えて何よりです」
シェーンはまるで自分のことのように嬉しそうな顔をしている。ロイはベッドに座って大人しくしており、男二人は若干蚊帳の外である。
「で?用はもう終わりな訳?」
「ちょっと、ウィル」
突っかかるようなウィルの言い方に思わずたしなめるオリヴィアだったが、シェーンは苦笑するだけだった。
「いいんです。実は、昨日までなら本当にこれだけで解散しちゃうか、せいぜい演奏会の宣伝をするだけにしよう。と、思ってたんですけど……」
困ったことになりまして、と言いながらもシェーンは、苦笑とは言え笑顔のままだ。
「演奏会、中止になっちゃったんですよ」
「ええっ!?」
「どうして?」
シェーンの一言に、オリヴィアとプリンセス・トルタが続けて声をあげる。
「いやあ、街がね、ユルバンから正式なお断りをもらったようで。それどころか、お昼の街角コンサートもやるなって言われちゃったんです。どうやら今度のイベント自体が中止になるようなんですね。キャンセル料って形で、当初予定されてた旅費の補助はもらったんですけどね。元から無償でやるはずだったし、そこらへんはトラブル無いんですが、旅券の関係で、あと何日か帰れないんですよ。暇になっちゃった訳でして」
えへへ、と笑いながらシェーンが言うが、それは一体どういうことなのだろうか。イベントとは、先日ホテルで聞いたユルバン公の追悼イベントではなかったのか。
「それは……一体……」
オリヴィアが慎重に聞くと、シェーンは困ったような笑顔のまま。
「オリヴィアさんはユルバンに来てから、夕方ごろに何か音を聞いたことはありますか?」
「ええ、夕方の教会の鐘の音。それから、古いオルガンの音を。どこかで聞いたことがあるような気がするけれど……」
シェーンの問いに、オリヴィアがゆっくりと答える。オリヴィアの視界の端で、ウィルが片眉を上げたような気がした。
「聞いたことがある?フォーレクですよ」
突然シェーンの更に後方から声が聞こえる。驚いたようなその声は、ロイの発したものだった。オリヴィアは上手く反応できず、固まってしまう。
フォーレク?」
「これは驚いた。フォーレの"レクイエム"なんて、なかなかメジャーな曲じゃないですよ。それをオルガンだけで当てるなんて」
ロイの言葉をただ繰り返したオリヴィアに対し、シェーンが関心を寄せた。
「レクイエム……昔何かの機会に、聞いた気がします」
オリヴィアがゆっくりと答える。幼い頃に父に連れられたコンサート。珍しく姉も調子が良く、大人しく聞いているだけだからと一緒に行った覚えがある。
「演奏会でも歌われる曲ですからね。クラシックにはお詳しい?」
「シェーンさん」
「あら失礼。話しすぎは良くないですね」
楽しそうに語り始めようとしたシェーンは、ロイの言葉にハッと我に返ったようだった。心から音楽を愛しているらしいシェーンの気持ちが伝わってくる。これは語り始めたら止まらないやつかもしれない。オリヴィアはシェーンのスイッチを入れない決意を固めた。
「えっとね、ごめんなさい。レクイエムはさっきも言った通り演奏会でも歌われる曲で、中でも"世界3大レクイエム"と言われるのものの一つが作曲家フォーレによるもの。それが最近、夕方の鐘くらいの時間に聞こえてくるんですけど……ちょっと調律が狂ってるんですよねえ。おかげで気分が悪いったら」
「シェーンさん」
「あら失礼」
再びの中断。
「でもこの街の教会、オルガン新しいらしいんですよねえ。調律だってきちんとしてるし。そもそも聞こえてくる音は、少し遠すぎる。街はずれくらいに、それこそユルバン公の時代くらいから使っていた旧教会があるらしいんですが、今は無人らしく」
シェーンは背筋を伸ばし直し、一息つくとオリヴィアを見つめ直した。
「ところでかのユルバン公は生前、非常に音楽を愛していらしたらしいんです。なんでも教会のパイプオルガンを弾ける実力があったのだとか。あれってそんな簡単に出来るもんじゃないですからね、すごいことだと思います。だからユルバン公の霊が、命日が近くなってきて化けて出て、旧教会のオルガンを弾いてるんじゃないか、って。それが"ユルバン公の呪い"って噂になってるから、街は躍起になったけれども流れてくるレクイエムは止まらず。結局直前になって、祟られる前にイベントは中止、って、そういうことらしいです」
おどけたように肩をすくめた、シェーンの語り。そういえばこの間、ウィルも言ってはいなかったか。"ユルバン公の呪い"という噂を聞いてきた、と。
「さっきも言った通り、私達暇になっちゃったんです。それが聞いてみれば、ユルバン公のせい。でも私達だって追悼のため、まさにそのフォーレの"レクイエム"を演奏予定だったんですよ!」
シェーンはそこで、オリヴィアの少し横へ、銀色の逆十字へと視線をずらした。
「これって、何とかなりますか?」
シェーンは、ウィルに問いかけた。

GW開始特別企画「死者のためのミサ」2.奉納唱

お待たせしました。GW終わってしまいましたが、2話です。概要等は、お手数ですがプロローグをご覧ください。

 

 

 
 
 
オリヴィアが部屋に戻ろうとすると、部屋の前でばったりウィルに会った。
「っ!今まで、どこに……」
言いかけてやめる。どうせ聞く意味など無い。その代わり二人とも一言も交わさずに、部屋へと入った。部屋に入るなりウィルの言葉など聞かず、オリヴィアは先ほどの伝言をウィルの目の前に突きつける。
「誘われてるわ。でも行こうと思うの」
「何の話だ」
ウィルはサングラス越しでもわかるほど眉間に皺を寄せ、紙を受け取る。しばらくして。
「これ、からかわれてんじゃねえ?」
「誰によ」
ウィルの他人事のような調子が気に入らなくて、オリヴィアは噛みついた。
「例えば、お前の父親を呼び出したお貴族様とか?あのウサ公を話で聞いたとかで知ってても不思議じゃないだろ」
「ユルバン公爵には私も父も初対面だわ。付き合いもなかったし、どうやってプリンセス・トルタのことを知るって言うのよ」
「あっそ……でもこれ、本当に手がかりになんのか?」
「そう仰るってことはさぞ核心に迫る手がかりを見つけて帰ってきたんでしょうね」
オリヴィアは皮肉たっぷりに言ったが、ウィルは意にも介さず返答する。
「いや?街中で歩く恐怖のウサギが出たかどうか探してみたけど、結局"ユルバン公の呪い"なんて言う噂しか聞けなかったぜ」
「意外。あなたプリンセス・トルタを探す為に聞き込みしてくれたのね」
「街を散歩して。おかげで不機嫌な社長令嬢サマよりは、楽しめたけど?」
最後の一言に思わずカチンときたオリヴィアは、ウィルの脛を思いっきり蹴りつけた。
「いってえ!」
「決まりね。明日はこの伝言の場所に行くわよ」
 
 
 
  次の日、ウィルとオリヴィアは中央広場にいた。街角演奏会にはちょっとした人だかりが出来ていて、人気の程が伺える。人だかりの中心には確かに十数人ほどの小集団があり、それが例の合唱団のようだ。中から一人が進み出て、簡単な口上を述べる。そして、演奏会が始まった。
 
  演奏会そのものはウィルには退屈だった。昔エドガーの教会で讃美歌ならよく聞いたが、それは本当に「聞いていた 」だけで音楽なんてわからないし、金と暇を持て余した人々の娯楽に価値も感じなかった。一方オリヴィアはそれなりに楽しんだ。音楽に関する素養はなくとも教養のあったオリヴィアは、神への讃歌やこの地の民謡を元にしたらしい数曲に聞き入った。演奏会が終わり、拍手と共に合唱団がお辞儀する。やがて群衆は去って、合唱団もバラバラと散ってゆく。(ウィルと)オリヴィアは、伝言の通り人ごみが引くまで、辛抱強く待った。やがて…
「うわあ。上手くいくとは思わなかった。オリヴィア…さんと、ウィルさんね?」
「何故私達の名前を?」
  若い男女の二人組が、こちらに近付いて来る。オリヴィアの問いに、女の方がチラッと荷物の中身を覗かせた。白いウサギの手が、こちらにひらひらと振られるのが見える。オリヴィアは思わず手を伸ばしたが、ウィルに止められた。
「教えてもらったんです。私はシェーン、伝言のメモを送った者です。こっちはロイ。同じ団の後輩です。良ければ私達の宿までいらっしゃいませんか?ゆっくりお話でもいかがでしょうか」
  女は驚くほど肝の据わった話し方で、こちらに笑顔を向けてくる。警戒心が無いというのもそうだろうが、人慣れしている。男の方は後ろで大人しくしているが、この女はどんどん話を進めてくる。オリヴィアは若干の不安を覚えた。悪い人では無さそうだ。だがこうも相手のペースに呑まれていいのだろうか……
「へぇ、おふたりの愛の巣まで案内してくれるってわけ?見せつけるねえ」
「ちょっと、ウィル」
 ウィルの唐突な冷やかしに、シェーンは口元だけ笑ったまま、固まってひょいと片方の眉をあげた。まずい。怒った。ちょっと放っておけばこれである。オリヴィアは、ウィルは意地悪しか暇つぶしが無いのかと頭を抱えたい気分だった。せっかく見つけた手がかりに逃げられる、と思った次の瞬間、聞こえたのは男の声。
「自分たち、そんなことのためにお呼びだてした訳じゃありません」
 見ればさっきまで大人しく後ろに立っているだけだったロイが、こちらをまっすぐに見ていた。なんだか、反応するべき人と無視するべき人が、ちぐはぐなような。オリヴィアは少しおかしくなって、ふふと笑った。
「ええ、ウィルがすみませんでした。お二人のお部屋まで、案内していただけますか?」

GW用特別企画「死者のためのミサ」1.入祭唱と憐れみの讃歌

投稿遅くなりました。「死者のためのミサ」、1話です。内容などは、お手数ですが前回をご覧下さい。

 

 

 

死者は皆、慰めを求めているという。
「慰めが必要なのは、死んだ人と遺された人、どっちだろうねえ」
 シェーンは神妙な口調で呟きながら、部屋のカーテンを開ける。シャッという小気味良い音と共に昇ったばかりの朝日が照らした部屋はかなり簡素で、お世辞にも高級とは言い難いものだった。
「ウサちゃん、起きてる?」
 シェーンが声をかけた先は、窓際の棚の上。
「……プリンセス・トルタ、だもん」
 ややあって答えた声の主は、シェーンが声をかけた棚の上に座るウサギ。白く、ふわふわの、上等な毛皮を持ったウサギ。ただし、ぬいぐるみ。右耳に付いたピンクのリボンと赤いビーズの目がかわいらしいウサギ(自称プリンセス・トルタ)は、昨日駅前広場でシェーンが拾ってきたものだった。午後に駅前広場での用事を済ませたシェーンは、帰り際にウサギのぬいぐるみが落ちているのを発見した。やや古そうだが丁寧に使われているようできれいだったし、こいつをなくして子供が泣いているかも知れない。あるいは何か思い出の品かも知れない。シェーンがそう思い付いたのは、足裏に肉球代わりに押された「ハッピードール」という商品名を見たからだった。子供の出産祝いに贈るぬいぐるみで、いわゆる贈答品であるためお値段も張るはずだ。とにかく、ぬいぐるみへの憐みと若干の好奇心から、シェーンはぬいぐるみを拾って持って帰ることにした。明日にでも交番に届ければいい、と思って。ところが、である。

「ただいまー」
 昨日帰宅したシェーンを出迎えたのは、なんと小脇に抱えたウサギの叫び声だった。
「ちょっと、離して!離しなさいよう!」
「喋った!」
 シェーンはウサギの思わぬ能力に驚いて言葉を発したが、それ以上言葉を続けず次の瞬間にはウサギを放り投げるようにして手から離した。そのふわふわの耳が、拳のように丸まってシェーンを殴りつけてきたのだ。攻撃されてはたまらない。シェーンはとっさに、ウサギの耳を掴んだ。
「みゃああああああ!!!」
「ちょっと待つんだウサちゃん!我々は怪しい者じゃない。いや、君から見れば怪しいかもしれないが、我々から見れば君も充分怪しい。いや、そうじゃなくて…喋るぬいぐるみちゃん、君はパッと見珍しいが、我々は君を受け入れよう。ひとまず、つまり、その攻撃をやめてはくれまいか」
まくし立てるシェーンの謎の必死さと、思わぬ手際の良さで出てきた夕食、そしてお風呂での洗濯に、ウサギことプリンセス・トルタはひとまず停戦することにした訳である。そして一泊の後、今。

「あの人起きないけど、いいの?」
プリンセス・トルタはその丸い手でベッドを指した。そこはシェーンが抜け出た後も尚、何かを、いや誰かを覆って盛り上がっている。
「ロイはなかなか起きないよー。朝ごはん出してあげたら来るから、もう少し寝かしておいて」
シェーンの部屋に眠るのは、同居人のロイである。昨日もいたのだが、さしてシェーンとプリンセス・トルタの争いには関わっていない。因みに寝起きの悪さは折り紙つきだ。シェーンは気にした風も無く朝食の準備を始めた。イングリッシュマフィンをトーストに放り込む。
「ところでプリンセス、あなたは迷子?それとも家出?」
「落っこちちゃったのよ!迷子でも、家出でもないわ。オリヴィアと一緒にユルバンまで来て、でも人が多くて、ぶつかっちゃって…オリヴィアのバッグから落っこちちゃったの。…人に踏み潰されちゃうかと思った。いっぱい蹴っ飛ばされたわ」
「それで汚れてたのねぇ」
シュン、とうなだれたプリンセス・トルタに、神妙なのか適当なのかわからない口調でシェーンが言葉を投げかける。チン、と言う音に反応してマフィンを取り出しながら、ロイー、起きてーなどと呼びかけた。
「とりあえず詳しい事情はいいや。その、オリヴィアを探せばいいのね?」
マフィンを食卓に並べ、ロイをペシペシとひっぱたきながらシェーンが聞く。ロイはまだ起きない。
「うん…オリヴィアに会いたい。会えるかな」
「協力するよ」
シェーンはふっと笑顔になり、プリンセス・トルタに作戦を打ち明けた。

結局昨日の夜、ウィルは帰ってこなかった。オリヴィアはプリンセス・トルタの捜索にホテルに協力を仰いだ方がいいのか迷ったが、結局喋って動くぬいぐるみの噂など聞けず、少し街を散策したに留まった。かつての偉人、ユルバン公の追悼イベントが近いらしく、街はどこも活気付いている。どうやら追悼はお祭りと化しているようだった。困って一度ホテルに戻り、ロビーで座っていたオリヴィアに、スタッフの一人が近付いてきたのは、お昼を少し過ぎた頃。
「すみません、ミス・エマリエル」
「何かしら?」
「こちらに宿泊されている"オリヴィア"様と"ウィル"様は、ミス・エマリエルとお連れ様だけなので…伝言を預かっております。いたずらかもしれませんが、警察に届け出ますか?」
伝言。オリヴィアは首をかしげた。
「誰からでしょう?」
「プリンセス・トルタと申しておりましたが」
オリヴィアはその途端、目を見開いた。まさか。一体どういうことだろうか。
「とりあえず内容を聞きたいわ」
「これを」
渡されたのは、何の変哲も無い一枚の紙。
"オリヴィアとウィルに
プリンセス・トルタが待ってる。明日の3時、中央広場の人ごみが引くまで待っていて。歌うたいがウサギを連れて会いに行くわ。
シェーンより"
オリヴィアは読んだ後も尚、少し首を傾けていたが、スタッフの伺う様な視線に気付いて背筋を伸ばした。
「どんな人でした?」
「若い女でした。この街の人間ではありませんが、少し前から滞在している合唱団の一員だと名乗り、遠方から来ているはずのミス・エマリエルを是非コンサートに誘いたいと」
聞けばユルバン公の追悼のため、街が呼んだ合唱団がいて、イベント当日には教会でコンサートを開くらしい。それまで毎日、昼間は街角で歌っているとのことだった。明日は確かに3時から、中央広場の予定だと言う。そこまでは間違っていない。だがオリヴィアにそんな知り合いはいないし、いたとしても唐突にホテルに伝言を預けていくのは怪しすぎる。スタッフは質の悪いいたずらだと思っているようだし、実際オリヴィアもそう思う。だが…
「これは頂いても?」
「どうぞ、ミス・エマリエル」
「ありがとうございます」
オリヴィアはとりあえず、プリンセス・トルタもといシェーンに賭けてみることにした。

GW用特別企画 「死者のためのミサ」プロローグ~ガブリエル~

初めまして。山波 鈴(やまなみ すず)と申します。初投稿です。今回はTwitterのフォロワーさんである なる(@simesabatarou1)さんの「メメント」という作品をお借りして、私の「#シロの毎日」というお話と絡めながら、GW中に物語を書いてみようという挑戦になります。因みに「メメント」につきましてはこちらhttp://nobodyknows616.blog.fc2.com のリンクから、「#シロの毎日」は左記のタグをTwitterで検索していただきますと、ご覧いただけます。それでは、よろしければご覧下さい。
 
 
 
 
 
「じゃあ、あなたの勝手にすればいいと思うわ」
 呆れ果てた声で、オリヴィアはそう言い放った。そう言うしかなかったのだ。二人は普段住む街を離れ、東の街ユルバンに来ていた。かつてこの地を治めていたユルバン公の子孫、由緒正しきユルバン公爵家で行われる舞踏会にエマリエル家が招待された。どうしても外せない取引先との会議のため都合がつかなかった父の代理としてオリヴィアが選ばれたわけだが、皮肉なものだ。家出した訳ではないが、父親と乳母を半ば強引に説得して家を出て来たオリヴィアである。社交場は初めてではないとは言え、(その上ただの付き合いとは言え)貴族の招待にオリヴィアを送るとは。ましてや舞踏会ならパートナーの同伴は常識である。オリヴィアの連れて来れる同伴者と言えば、舞踏会や社交場などとはまかり間違っても関われない様な、サングラスのエセ祓魔師くらいだった。そしてその同伴者候補は、オリヴィアの目の前でへそを曲げている。
「ねえ、舞踏会まであと一週間しかないのよ。ユルバンまで来たのに、どうして今さら出ないなんて言うの?」
「勝手にしていいんだろ」
 彼はつまらなそうに言葉を返した。同伴者候補ことウィルは、招待が来た当初は思いのほか乗り気だったのだ。14のときに初めて参加して以来舞踏会に出ていなかったオリヴィアのためにワルツの練習に付き合ってくれたり、こうしてユルバンまで付いて来てくれたり。それこそオリヴィアが少し驚いたほどであったのに、この心変わりは一体どういうことだろうか。しかしよくよく考えてみれば、ウィルは一度も「舞踏会に同伴する」とは言っていないのであった。そして言い争いの末、始めのオリヴィアの発言へとつながるに至る。一度拗ねてしまったウィルは頑固だ。オリヴィアも「勝手にしろ」と言うしかなかったのである。何せ、問題は舞踏会もといウィルだけではない。
 
 彼らは今日の昼間、プリンセス・トルタとはぐれてしまっていた。オリヴィアが生まれたときにプレゼントされたうさぎのぬいぐるみで、随分昔になくしたと思っていたものだ。久しぶりに再会したときには自分で動いて喋って耳で攻撃できるようになっていたが、今も変わらずそばにいてくれる。今回大人しくぬいぐるみのフリをすることを条件に、ユルバンまで連れてきたのだった。だったのに。ユルバンに到着したその日、つまりはそれが今日の昼間なのだが、慣れない街で人ごみに流されてしまったオリヴィアがあっちでぶつかりこっちでかきわけウィルのところまで戻ってきたときには、バッグから半身乗り出すようにしていたはずのプリンセス・トルタはいなくなっていた。夕方になるまで方々探し回ったが、誰かに拾われたのか蹴っ飛ばされたのか、はたまた自分でうまいこと人に見つからないよう逃げたのか、駅からホテルまでの道のりのどこにもプリンセス・トルタはいなかったのである。こうなるとどこを探したら良いのか知らない街では見当もつかないし、舞踏会の方も今さら違う同伴者を見つける手立ては無い。二つの問題を抱えていささか頭の痛くなったオリヴィアは、部屋の窓を開けた。
 
 外は夕焼け。街の教会から夕の鐘が聞こえてくる。しばらく鐘の音に耳を傾けていたオリヴィアであるが、ふと奇妙な音に気付いた。鐘の音に紛れて、何か音楽が聞こえてくる。パイプオルガンのようにも聞こえるが、同じ教会にあるはずの鐘の音より随分音が遠い。それに素人のオリヴィアが聞いているのではあったが、やや調子はずれのようだった。何故だか妙に、記憶に引っかかる。この曲をどこかで聞いたことがあったろうか……話を振ろうとオリヴィアがウィルを振り返ったのと、ウィルがバタンと音を立てて部屋を出ていったのはほぼ同時だった。
「……はぁ」
 やり場を失ったオリヴィアは、静かに息をついて窓を閉めた。